婚約指輪のデザイン

婚約指輪というと、ダイヤの立て爪と決まっていると思っている人もいるほど人気があります。しかし婚約指輪はこのようなものでなければ、という決まりは一切ありません。そのためダイヤを使わなくてもいいし、どのようなデザインでもokなのです。そして最近はだいぶ婚約指輪のこだわりも昔とは違ってきました。とは言ってもやはりダイヤを使う人が多いところは同じと言えそうです。

デザインは本当にいろいろなタイプがあり、大きく分けて5種類あります。まず昔から人気のダイヤの立て爪などが含まれているソリティアタイプ。しかし最近はリングの部分がカーブになっていたり、動きのあるデザインのものも多くなってきました。これらのデザインはダイヤが小さくてもとてもおしゃれに見えます。他にはメレタイプがあります。メレとは0.03カラット以下のダイヤのことですが、メレタイプのデザインは小さなダイヤをまとめてキラキラした華やかさの感じられるタイプのデザインです。メレダイヤはとても価格が低くなるので、たくさんのメレダイヤをつけてゴージャスにすることもできます。

他にもパヴェというタイプもあり、これは立て爪が中心にあって、リングにもメレダイヤがぐるっと埋め込まれているタイプで、こちらもとてもゴージャスになります。エタニティータイプはリングにぐるっと一周メレダイヤが埋め込まれているタイプや、半周ダイヤが埋め込まれてるタイプです。どんな指輪とでも相性がいいので2つ組み合わせると華やかになるリングタイプです。そしてもう一つはカラー豊かなルビーやサファイアなどカラーの付いた宝石を使ったタイプで、宝石の回りにメレダイヤをつけると豪華になるタイプのことを言います。